はじまりは見切り発車でいい。目的はあとから視えてくるもの。オムスビ冒険録LV.21

アカリ
LV.20では、rebornはアウトプット(納品物)ではなくアウトカム(変化)を追っているというありましたね。

ハブチン
ありましたねー。

アカリ
まずは「視える化ループ」を回そうということだったのですが、違和感を覚えたんですよね。というのも、私の中で仕事って、まず目的があって、それが目標になって、実現していくという仕事の進め方だったんですね。

続きを読む

振り返りと言語化が、組織づくりを進めていく上の鍵。オムスビ冒険録LV.19

アカリ
クライアントパートナーと納品して終わりではなく一緒に組織を作ることはlv.18でわかりました。仕事の進め方はリモートなんですよね?

ハブチン
そうですね、クライアント先に伺うこともありますが、ケースバイケースですね。

アカリ
素朴な疑問なんですが、何を持って評価するのか気になりました。

続きを読む

組織づくりは納品したり外注できるものではない。DIY精神で組織を変える。オムスビ冒険録Lv.18

アカリ
rebornの組織づくりって、納品しなかったり、研修のファシリテーションも社員の方にさせたり、めちゃくちゃですよね。

ハブチン
めちゃくちゃですかね(汗)。たしかに何かを納品するという前提からすると、めちゃくちゃですよね。

アカリ
私、そんなやり方で上手くいくか甚だ疑問です。

続きを読む

なぜrebornは人事部から相談が来ないのか。オムスビ冒険録LV.16

アカリ
オムスビに関わってから、組織について考える機会が増えてきました。でも前職にいたときは組織について考えもしなかったなぁ。人事部の仕事?くらいな感じでした。

ハブチン
確かに人事部っぽいですよね。でも前も言ったかもしれないんですが、rebornの組織づくりって経営者からの相談なんです。

続きを読む

会議を効率化する前に、関係性をととのえよう──連載:ととのう職場、自然体のキャリア VOL.5

働き方改革の波もあって、会議を効率化して生産性を上げる動きが職場でも始まっています。ある職場では、会議の時間を1時間から30分に短縮したり、椅子に座らず立ったりなどいろいろな試みが試されています。

一方でまだ意思決定に時間がかかるというご相談もお伺いすることが多いです。たとえ一回一回の会議の時間が短くなったとしても、決めることに時間がかかっていたら本当の効率化とは言えないですよね。なぜ会議を効率化しても、なかなか前に進まないのでしょうか。

続きを読む