どのような仕事もMy missionにこじつけて考えてみよう。

Missionにこだわりすぎていいのだろうか?

・「なぜやるのか?」常に目的を意識して仕事をしましょう
・自分の軸やMissionを持ち、その達成のために必要な仕事をしよう
・目的を持たずに言われたことをただやるのは、「やらされ仕事」になり生産性が上がらない

どれも正しいと思います。僕もいつも部下に言っていることです。
でも、目的を意識しすぎて進まなくなっていることはないでしょうか?

続きを読む

葉山芸術祭から教わった継続する美しさ

イベントは労働集約的な仕事です。会場や備品の手配、参加者対応、登壇者の打ち合わせ、どんなに小さなイベントでも当日一人では回すことはできません。せっかく準備したにもかかわらず、ドタキャンが多いと、次にやるモチベーションが削られてしまいますよね。
コミュニティイベントも時間的なコストがかかって継続しないことがあります。何年もコミュニティを運営している方々はホントにリスペクトしていて、この前、葉山芸術祭にいってきたのですが、なんと27年間も続けていて感動しました。

続きを読む

トップはビジョンの浸透をアウトソースしよう

トップがメンバーを一人で動かすのは難しい。

自分が様々な組織に属したり、支援させていただく中で、組織のトップの方の共通の悩み、みたいなものに気が付きました。

「メンバーが自分の想いを理解して、動いてくれない」
「ビジョンを示しているのに、何を考えているかわからないと言われる」

続きを読む

BBQでは、肉を食べすぎよう。無駄な後悔はしなくていい。

5月はキャンプやBBQのシーズンですよね。オムスビも海の近くにオフィスがあるので、よくBBQに誘われます。いつも思うのが、なぜBBQにいくと、あんなに食べ過ぎてしまうんでしょうか。原始人が食べていたような肉の塊を喰らったり、低温調理でビックリするほど肉が柔らかくなったり、ホルモンや鶏なんかも花椒やスパイスでマリネして食べたりなど、BBQはお肉のパレードに来ているみたいですね、まぁ楽しい。

続きを読む

ダイエットのセンターピンは糖質

今回のくらしの構造化は、「糖質オフ」です。糖質オフについては、ダイエット文脈で語られることが多く、ライザップもプログラムに糖質オフが組み込まれています。ライザップのシェイプアッププログラムを3ヶ月うけると50万近くかかるみたいですが、構造がわかっていればライザップに通わなくても、自分でできるようになります。私自身も1ヶ月で4キロくらい減量することができました。

続きを読む

なぜ日本の組織は、くらす(Life)とはたらく(Work)が分断されてしまうのか。

みなさんは、海外旅行に行った際に、こんなことを思ったことはないでしょうか?
「あー、ここに住みたいなぁ」
妄想膨らみますよね。まさに今の僕です。笑

オーストラリアにて3週間のワーケーション中ですが、もはや住みたいです。
でも仕事がなぁ・・・と考え、帰国したらそれ以上思考は進みません。
本当にあきらめる必要があるのでしょうか?

続きを読む

関わる人々のできる喜びを増やす。

大人になった自分にとって、歩くことは当たり前なことです。むしろいかに歩かずに楽しようか考えて、エスカレーターやエレベーターを探しています。息子や祖母と一緒に暮らしながら、当たり前のことが当たり前でなくなり、できることの喜びや感謝を感じていたいと強く思うようになりました。

続きを読む